• 光丘真理

『サバンナで野生動物を守る』(講談社)



沢田俊子さんの新刊を紹介!

『サバンナで野生動物を守る』(講談社)


太田ゆかさんは、南アフリカ共和国でサファリガイド(政府公認)をしながら、野生動物たちの保護活動をしています。

彼女の毎日を丁寧に取材して、私たちに、

今、サファリで暮らす野生動物たちに何が起こっているかを、わかりやすく教えてくれるすてきなノンフィクション。


印象深かったのは、

「どの種の動物も生きぬくのに必死で、

その自然のいとなみが生態系バランスをたもってくれています」ということ。

しかしながら、この食物連鎖は生態系を維持するための重要なことですが、

「密猟による野生動物の絶滅は、ふせがなくてはなりません」

太田ゆかさんたちは、こういうことにも対策を練り、サイの角切りなど、保護のために奮闘努力してくれています。

また、南アフリカの村で暮らす人々は貧しくて、

生きていく手段として密猟をするというケースも後を絶たないのです。

わたしは、幼いころ、『野生のエルザ』という映画を観て、サバンナへの憧れをもったことを思い出しました。たしかに、その美しい風景や生き物たちの愛らしさや凛とした姿が、著書からあふれ出してきます。

しかし、現実は果てしないほど厳しく、多くの理解と協力なくては、サバンナの自然と動物と人間の暮らしは守られない、ということがビンビン伝わってきました。

著者は、ゆかさんと出会い、野生動物の保護活動を見守っていこうと応援を始めている。


ゆかさんの保護活動については、

以下のホームページから。

https://yukaonsafari.com/