新しい年




新しい年がスタートしました。


感染症の広がりですっきりとはしませんが

世界中の子どもたちの心身はすっきりと晴れわたり、

思いやりの心が広がる一年となりますように!

新年に子どもたちに届けたい新刊をご紹介します。


『ソラモリさんとわたし』(はんだ浩恵 作・フレーベル館)

第三回フレーベル館 ものがたり新人賞大賞受賞作

主人公美話とコピーライターをしているソラモリさんとの

「言葉」のレッスンのひと夏。

必要な言葉は、「一方的に与えられるものじゃなく、自分からつかまえるもの」。

そうすることで、「見えなかったものが 見えてくる」ことを教えてくれる作品。

軽妙なリズムある文章から、言葉の大切さとその言葉と生きていくことの痛快さが

伝わってきます。

『言葉をちゃんと使えるひとになれたら、

言葉にならない心が読めるようになる』とは!


私も、そういう人になりたい!