検索
  • 光丘真理

『ゆうなとスティービー』





堀米薫さんの絵本『ゆうなとスティービー』(ポプラ社)

産まれながら全盲の青い目をした牛・スティービーと少女の毎日。愛情注いで共に暮らしても、やがて食肉の役目を果たすため、スティービーとは別れなければならない。ドナドナの歌がBGMで流れてくるような最後は涙が止まりません。でも、堀米文学には、必ず、希望と生命の賛歌があるのです!

この絵本の絵を描いた丸山ゆきさんが、個展『ゆうなとスティービー』展を開催します。今月11日から、千駄ヶ谷のL aundry  Graphics  gal le r y

是非、足をお運びください!

  • みつまり

【お問い合わせ】mitsuoka_mari@yahoo.co.jp