• 光丘真理

『ながれぼしのランドセル』





フレーベル館より『ながれぼしのランドセル』を上梓しました。


ごく身近な子どもから聞いた「ぼくとおんなじランドセルの子がいてね……」という話がこの物語創作のきっかけです。

子どもは、言葉ではうまく表現できないけど、小さな胸の中にたくさんの思いを抱えています。そんな思いを、物語にしました。

コマツシンヤさんが、繊細な子どもの心そのもののような素敵な絵を描いてくださいました。

手にとった子どもが、「ここに自分もいる」って感じてくれたら、いいなあ。