Mitsuoka Mari

児童文芸作家 宮城県生まれ。劇団文学座17期生。 出産を機に、童話を書き始める。 日本児童文芸家協会所属。 日本文藝家協会所属。 東京デザイナー学院(ストーリー構成)講師。 読み語りボランティアで活動中。

☆ Blog ☆
  • 作品集

    作品集

  • Blog

    Blog

いとをかし!百人一首 届け!千年のミラクル☆ラブ!

いとをかし!百人一首 届け!千年のミラクル☆ラブ!

タイムスリップで大冒険☆ 百人一首の世界を満喫していたスズとナリ先輩に、大事件発生~!! 「ある人に会えないと、ワシは消えてしまう」なんて、定家じいちゃん、一体どうしたの? 聞けば、じいちゃんは千年もの片思いに悩んでいて……!? キラキラ雅なロマンあふれる、大人気シリーズ第4弾、ですっ♪
Read More
あいたい

あいたい

美砂が姉のように慕う、いとこの明子が突然亡くなってしまう。明子は「あいたい」と謎の伝言を残していた。伝言の意味は?感動の結末が待っています。
Read More
コスモス 二番目に好きなもの

コスモス 二番目に好きなもの

中3のみかげは、亡くなったママのことを忘れられない。父親の再婚で兄妹になった同い年の瞬とはソリが合わない。でも、「ぶっきらぼうなやつ」としか思っていなかった瞬の存在が、だんだんと心の中で大きくなり始めて――。 少女の揺れ動く感情を縦糸に、じれったい「初恋」と家族の再生を横糸に織りなされた、純粋すぎるほどの青春模様
Read More
タンポポ あの日をわすれないで

タンポポ あの日をわすれないで

津波の被災地宮城県で見つけた小さな希望の花タンポポ。子どもたちの願いが、綿毛となって飛んでいって、明るい笑顔の花がたくさん咲きますように!
Read More

あったかい気持ちになる会

児童文芸の理事会がありました
創作は孤独な作業です
作家仲間と話せる機会はあまりないのですが、理事会のおかげで交流が持てます
みんな、ボランティア、手弁当で協会活動のために頑張っています
会はいつも、真剣ですが和やか
終了後温かい気持ちになれることが自慢です
インドネシアを旅した沢田さんが、貴重な楽しいお土産を分けてくれました
なんと、ジャコウネコのウンチから採取したコーヒー豆入りのチョコレートですよ!

20160915-172155.jpg

ゆずの葉ゆれて

作家仲間の佐々木ひとみさんのデビュー作『ぼくとあいつのラストラン』(椋鳩十児童文学賞受賞作~ポプラ社)が原作となり、温かくも優しい命の映画が公開された
『ゆずの葉ゆれて』ベテラン松原智恵子~津川雅彦主演で、少年とのふれあいを通して、夫婦の絆と別れを温かく描いている
原作からさらに派生したストーリーになったが、佐々木さんの『故郷を描く〜土着のファンタジー』精神が脈々と映像に流れている
松原智恵子は、農家のおかみさん役でも、気品と美しさが薫る
子役の少年たちがまた光っている
とくに、武役の山時聡真くんの眼差しが心動かす
タイトルが、ラストで生きてくる
しっとり爽やかな後味
映画っていいなあ

20160911-162245.jpg

20160911-162311.jpg

20160911-162326.jpg

20160911-162346.jpg

書くことへの意気込み

11月12日に開催される《童話塾in関西》で私の担当読み物部門への講評作品10編が送られてきました
開けて、ハッとしました
気!を感じました
書き手の意気込みでしょうか
なんか、真剣勝負開始という感じです
心して、読まなああかん!
作品たちに言われています
頑張ります
蒸し暑さが吹っ飛んでいきます

20160906-155949.jpg

20160906-160004.jpg

20160906-160019.jpg

かけがえのない時間終了

チビ達と過ごした長い夏休みが終了
フィールドアスレチック、水遊び、実験もしたし、ばあばのホームにも行って一緒に体操もしました
ドリーも観て、ミュージカルも楽しみ、カブト虫のお世話もしたね
熱出したり、怪我したり、喧嘩したり
それはそれは大変なひと月半だったけど、
楽しかったね〜〜
かけがえのない日々をありがとう
明日からまりちゃんちも新学期てす

20160831-110303.jpg

20160831-110326.jpg

20160831-110350.jpg

20160831-110403.jpg

20160831-110430.jpg

20160831-110535.jpg

20160831-110552.jpg

20160831-110627.jpg

20160831-110657.jpg

20160831-110730.jpg

20160831-110754.jpg

20160831-110813.jpg

20160831-110855.jpg

風は垂に吹いてきた!

つかの間の自由な時間、夜の吉祥寺で、芝居を観た
テトラクロマット第3回公演『風は垂に吹く』〜愛してると言うかわりに、空を飛んだ。

坂口理子の脚本、福島敏朗の演出が相変わらず鬼才
場面展開のない舞台装置の中、照明を含め、数々の憎い工夫が施され、キャストの個性を十二分に引き出していた
主人公夏月が上昇気流の絵を描くためにやってきたのは、山の上の天文台
ここは、あの世とこの世のハザマ
亡くなった、ではなく、いなくなった人々が集う場所だった
そこには、行方不明のサン・テグジュペリや、アメリカの女性飛行士・アメリア・メアリー・イアート、野口雨情の生後すぐ亡くなったみどりたちがいた
テトラクロマットは、毎回観客を舞台へ引きずり込む
登場人物の一人に自分がなっているような錯覚に陥る
今回は、その感覚がさらに強まり、いつの間にか、自分もハザマの世界にいた
寄り添える舞台を観ると、幸せになる、これは本の世界と同じだ
ついに風が垂に吹き始め、グライダーが上昇気流に乗っていく最後の演出は圧巻
テトラクロマットの好きなところは、物語がどんなに抉られ泥沼に落ちようとも、後味が爽やか、胸の空くような気持ちにさせる
上昇気流中のテトラクロマットのおかげで、一筋の光を得て、また今日から頑張れそうだ

20160824-082758.jpg

20160824-082813.jpg

20160824-082825.jpg

20160824-082836.jpg

20160824-082845.jpg